カードローンの借り換えについて

カードローンを複数社で契約している方は、一度自分の借入残高と支払利息の総額を確認してみるといいでしょう。そして、思った以上に利息を支払っていた場合、カードローン借り換えの検討余地があります。

銀行のカードローン金利は「○.○%~○○.○%」の様に表示され、どの金利が適用されるのかは、利用限度額によって変わってきます。(消費者金融では借り入れをする人の信用度によって適用金利が変わってきます。) 即ち、銀行のカードローンを少額で複数利用していると、それぞれの銀行に一番高い金利を支払っている可能性があるのです。それらを1社にまとめるだけで適用金利が下がり、支払う利息が少なくなるため、カードローン借り換えてしまいましょう。

カードローンの借り換え先としては、銀行のカードローンがおすすめです。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、年収とは関係なく、複数社の借り入れをまとめることができます。また、利用限度額により適用金利が決まるため、現在適用されている金利よりずっと安い金利が適用されることになるため、無駄な利息を支払わずに済むようになるのです。

現状、借り換えからのおまとめローンを積極的に誘致している銀行は複数社あります。せっかく借り換えをするのなら、大手銀行の借り換えキャンペーンを利用しない手はありません。当然、借り換えにも審査が必要になります。適用金利が低くなるカードローンを、1日でも早く利用することで、利息の負担を軽減するようにしましょう。